和婚ならココ!結婚式場ランキング【多摩エリア】

憧れの和婚ができる結婚式場 人気10選

第一位

八王子日本閣 NoceAnge

湖上に浮かぶような独立神殿での神前式ができる八王子日本閣。ロケーションの素晴らしさと、おもてなし料理の美味しさが有名です。

八王子日本閣のHPはこちら

第二位

大國魂神社

大國魂神社

府中の総鎮守である神社の拝殿での挙式です。伝統的な日本料理をアレンジした本格的な創作料理も楽しめます。

大國魂神社のHPはこちら

第三位

八王子ホテルニューグランド

八王子ホテルニューグランド

ホテル内に神前式場があるのが特徴。また、近くにある八幡八雲神社での神前挙式も可能です。旬の食材を使用したフレンチが◎

ホテルニューグランドのHPはこちら

HOME » コダワリ花嫁さんに贈る和装結婚式のススメ » 今はコレ!和風ウェディングのトレンド

今はコレ!和風ウェディングのトレンド

髪型や衣裳など、和風ウエディングで花嫁が絶対こだわりたいポイントのトレンドを探ります。

まずは和装の基本をチェック!

和婚で用いられる主な衣裳は、「白無垢」「色打掛」「大振袖」の3つ。

これらの衣裳にはそれぞれきちんと意味が込められています。

「白無垢」は、全身を白一色に揃えた和装。打掛、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、小物など、すべてを白一色で揃え、優美な織が施されています。

身の清らさかと、「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味が込められています

「打掛」は白以外の色を用いた華やかな打掛のこと。一般的には、式は白無垢、披露宴は色打掛が定着しています。

ただし、打掛は和装の最高位とされているので、挙式でも着ることができます。

「大振袖」は裾を引きずるくらいに長いタイプの振袖で、正式な式服のこと。

特に、黒の大振袖はかつて武家の婚礼衣裳として使われており、その後、袖を切って「留袖」にするケースが多く見られました。

ヘアスタイルにもこだわりたい!

和婚の代表的な日本髪には、島田髷の根元を高くした「文金高島田」があり、それぞれ衣裳に合わせて飾りの帽子をかぶります。

「綿帽子」は、頭にかぶる真綿をのばしてつくった袋状の帽子のこと。

花嫁は夫以外の人に顔を見られないようにという意味があるため、顔がほとんど見えないのが特徴です。

角隠しも同じ意味で着用されますが、綿帽子は白無垢と大振袖でのみ着用されます。

「角隠し」は、文金高島田の髪を飾る白い布で、白無垢、色打掛、引き振袖に使用できる、顔が見えるタイプの飾りです。

角隠しには角を隠して夫に従順に従うという意味が込められています。

そのほか、最近では、カツラを使わない洋風のまとめ髪も増えています。

ドレスにお色直しする場合でも時間が短くできるといったメリットがあり、カツラの重さが苦手な人にも選ばれています。

今のトレンドは色打掛×自髪洋髪

今の和装のトレンドは、なんと言っても色打掛と洋髪の組み合わせ

色や模様で選べる色打掛と、自髪で自分の顔型に合ったシルエットが作れる洋髪は、伝統を重んじながらも個性を打ち出したいカップルにピッタリ

メイクもあまり白塗りにせずにドレスの時に近いナチュラルな肌色を選ぶことが多いようです。

ただし、伝統的な和の式しか行っていない式場では、洋髪や洋風メイクが苦手な美粧室もあります。

自分ならではのこだわりを取り入れたいなら、ドレスも充実している洋風ヘアやメイクのある式場を選ぶことが大切でしょう。

人気の和風ウェディング会場ランキングをチェック≫≫

 

和婚が出来る結婚式場リスト【多摩エリア】

オススメ1位の八王子日本閣で神前式レポート

コダワリ花嫁さんに贈る和装結婚式のススメ